株式レポート

先週の日経平均のマーケット情報(2020年09月06日~2021年09月10日)

日経平均のレンジ

09/06(月)09/07(火)09/08(水)09/09(木)09/10(金)
始値29,501.2229,883.9229,819.5529,959.2130,089.45
高値29,705.0430,048.2330,241.8730,097.5630,381.84
安値29,469.3529,838.4329,787.1329,909.9230,064.02
終値29,659.8929,916.1430,181.2130,008.1930,381.84
前日比+531.78+256.25+265.07-173.02+373.65


 先週の月曜日の日経平均株価は、6日続伸となり大幅高となった。基本的に前日のニューヨークマーケットは無視して、前場は日本株の前週の引けの需給で一気にギャップスタートとなり29,500円オーバーで寄り付いた後の動きとしては、29,500円を一時割り込む局面も見られたが29,600円を挟んだ膠着状態となり底堅い推移となった。後場に入っては前場のトレーディングレンジより切りあがるも狭いレンジでの取引となり、おおむね29,600-29,700円での動きとなった。引け30分前には、前場の高値をわずかではあるがクリアする局面も見られたが、お引けにかけては利食い売りの動きもありやや値を崩しての引けとなった。東証1部の売買代金は概算で3兆0400億円と3兆円を上回り値幅と売買代金も盛り上がりまずまずの動きとなった。この日のトピックとしては、約7割の銘柄群の上昇と業種別においては、ぶっちぎりで海運業が1位となり8%強の値上がりとなった。

 先週の火曜日の日経平均株価は、7連騰し一時は30,000円を回復する局面も見られた。ニューヨークがlabor dayで手がかり材料難の中、日経平均株価はとりあえず、イケイケ相場でギャップスタートとなり、寄り付き15分後には、30,000円を突破するもその後は、目先達成感なのか利食い売りに高値から150円程度の調整となり、その後は、30,000円をレジスタンスにヨコヨコ推移となる。大引けにおいて25MAからの乖離率は、約7%に迫り高値警戒感がマーケット内では囁かれていた。この日の特徴としては、日経平均新規採用銘柄キーエンス4.91%、任天堂0.98%、村田製作所5.50%と揃って上昇となった。また、ソフトバンクGが久々に大幅上昇9.86%高となり、この日の日経平均株価の上げ幅の半分に寄与した。東証1部の売買代金は概算で3兆4300億円と3兆円を大きく上回った。

 先週の水曜日の日経平均株価は、8連騰となり大引けで30,000円を回復となった。もはや引き合いに出すまでもないが、前日のニューヨークマーケットは、labor day明けのアノマリーで軟調NYダウは200ドル強の下げとなっていたが、日経平均株価は寄り付きこそ軟調な動きを見せるもほぼ寄り付き安値の動きとなり10時頃に30,000円を突破し、その後は、11時過ぎにかけ上げ幅を拡大し30,200円オーバーの水準にまで買い進まれ前場引けは、高値圏での引けとなった。後場に入って特徴的だったのは、30,100円付近でのスタートとなり、上げ幅を縮小する局面も見られたが30,000円を一度も割り込むことなく推移し、14時過ぎからはSQに絡む買いなのか?不明だがほぼリニアに上げ幅を拡大し後場の高値圏での引けとなった。まさにこの日はMSQ魔の水曜日となった。幸いにも振れ幅は上方に伸びたことくらいか。先週からの不意な暴騰にこの日の引けで25MAとの乖離率は約7.5%、8連騰6日騰落レシオは240ポイントオーバーでどう見てもUltra over bought zoneに突入は周知の事実であるが、SQに向けてさらなる波乱を引き起こしそうな様相となっている。東証1部の売買代金は概算で3兆6700億円とボリュームをこなしており、このバンドウォークはいつまで続くのか?またSBGがこの日も続伸となり、上げ幅の1/4がSBGの寄与であった。

 先週の木曜日の日経平均株価は、9日ぶりにようやく反落となるも30,000円はキープした。珍しく前日のニューヨークも軟調に推移したこともあったのと、連日の連騰にやっと小休止が打たれることとなった。この日は、寄り付きからギャップスタートとなり、いきなり30,000円割れとなるも、その後の前場の動きは、30,000-30,100円のレンジでの動きとなり、翌日のSQ値算出に向けての30,000円の攻防戦が繰り広げられた。後場に入っては今度は29,900-30,000円のトレーディングレンジの動きとなり、大引け間際のインデックス買いでなんとか30,000円をキープしての引けとなった。この日はJASDAQ指数を除いて全ての指数がマイナスとなった。東証1部の売買代金は概算で3兆0700億円と3兆円を上回るも前日よりボリュームダウンとなった。この日の特徴としては、河野太郎規制改革担当相が原発再稼働を当面容認発言を受けて、電力株が狂ったように暴騰となり中でも東京電力が11%高と強烈な上昇となった。当日の騰落は値上がりが3割程度だったにも関わらず、25MA騰落レシオは、上昇となり127ポイントをマークした。引け後のチャート形状としては、昨日のロウソク足に前後のロウソクが孕むはらみ足の出現となった。通常相場であれば売り線と見れるが、ボリバンの2σをキープして引けておりバンドウォークの継続とも見れる非常に珍しい形状となった。方向感としては、翌日のSQ値算出以降の動きに要注目とされた。

 先週の金曜日の日経平均株価は、一日休んでまた爆騰となり30,000円台をキープしての週末となった。この日も言うまでもなく、前日のニューヨークマーケットの相場は完全無視となり、寄り付きがSQ値の算出日とあって注目されたが、SQ値自体は、約70円程度高く暫定的決まったのを受けて、その後も買いすすまれ30,200円をトライするも失速となり、10時過ぎにかけては上げ幅縮小し30,000トビトビ台まで売り込まれたが、その後は、一転暴力的に上昇となり前引けは、30,350円台へと駆け上がりこの水準で前場の取引を終えた。後場の動きは概ね30,300-30,350円の非常に狭いレンジでのこう着状態となり引け間際にはインデックス買いが見られ引けピンとなった。引け後の特徴としては、騰落レシオが真っ赤かの6日騰落レシオに関しては255ポイントまで跳ね上がり、バンドウォークも8日目となった。昨年11月相場の再来を連想させる動きとなっていた。
東証1部の売買代金は概算で3兆9200億円と4兆円に迫る動きとなったが、前場ですでに2兆2200億円となっていた。SQ値算出分を鑑みてもそれなりな盛り上がりとなった。

《今週の想定レンジ30,000円-30,700円》

今週の日経平均株価について、まずは先週の動きを振り返ると週間ベースでは、約1,250円の上昇となり3週連続陽線の陽線丸坊主となった。今週はSQ週とあって当初からボラティリティは拡大することは想定されていたが2週続けての1,000円幅を超える棒上げはあまりにも乱暴すぎる相場展開であったと言える。そもそもTOPIXはすでに今年の3月の高値をブレイクアップしての上昇となっており、上値テストの状況が続き金曜日には引けピンとなり、来週への期待を持たせる展開で取引を終了した。SQは通過点、30,000円をブレイクしての週末を迎えたことは買い方にとっての大きな支援材料ともなった。また、今週発表になった投資主体別動向によると外国人投資家が日本株を再び買い越しに転じたことが確認された。結果的には先週の菅氏の総裁選不出馬がトリガーとなり、上昇相場への弾みがつき先週もこの好地合いがそのまま継続された格好となった。

今週の相場展望

<注目点としてあげられること>

テクニカルポジティブインパクト
2020年5月以来の週足MACDがGDを示現中期トレンドは買い転換となった。
ボリンジャーバンド2σをキープ中

需給面からのポジティブインパクト
外国人投資家は2週間ぶりに買い越しに転換となり、
8月に関しては、結局買い越し総額227,683百万円

テクニカルネガティブインパクト
騰落レシオ(6) 255ポイント
騰落レシオ(25) 139ポイント
25SMAからの乖離率が7.42%と短期的には過熱感が伺える。

海外要因からのネガティブインパクト
ニューヨークマーケットが調整懸念の兆しで要注意。
NYダウは週間で約760ドルの下落となっており5日連続安となった。
13Wをブレイクしての引けとなっており、週足は比較的長めの陰線
引けとなっている。また、ニューヨークマーケットは需給面から
見てもMSQ週となっており、現状の動きから軟調に推移する
可能性が大きいと思われる。

ニューヨークマーケットとの連動性が失われつつある中
先週末は目安となるCMEがやや調整ぎみで推移したことで
月曜日のマーケットは軟調なスタートとなることが懸念されるが
来週に関しては、押し目は買いとしたい。根拠としては、
先に述べた中期トレンドは買い転換となっており、
市場のムードとしては、押し目を待つ動きがコンセンサスに
なると思われる。その目安となるのは、現在バンドウォーク中
となっている中+2σがいつまでキープできるのか?
バンドウォーク終了となった場合は、+1σまでの調整が
29,300円付近が一つのポイントになるものと思われる。

今週の経済指標は、こちらをご参照ください。
http://www.foresightbusinessjp.com/4_1_news-today.php




免責事項・注意事項

本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。
投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。
本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ページの先頭へ